電話
カレンダー
アクセス
閉じる
« 2022年9月»
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

セラミック治療(メタルフリー治療)

セラミック治療(メタルフリー治療)とは

メタルフリー治療とは、虫歯を削った後の詰め物や被せ物などに金属を使わない治療の総称です。
主に銀歯を中心とした金属の詰め物は、外から見た時に目立つのがデメリットだと言われています。しかしそれ以上に、虫歯リスクを高めたり、体全体の健康に悪影響をもたらしたりすることが近年明らかになってきました。
そのため、当院ではセラミックを利用した治療をご提案しています。費用は保険に比べると割高になりますが、安心して長くお使いいただけます。

こんなお悩みありませんか?

  • 前歯の色が不ぞろいで笑えない
  • 笑ったときに銀歯が気になる
  • 銀の詰め物、被せ物の治療を繰り返している
  • 歯肉の黒ずみが気になる
  • 金属アレルギーが心配
  • 痛くはないけど気になる銀歯がある
  • 歯の治療の際に詳しい説明もなく銀歯にされてしまった
  • 歯を白くして笑顔に自信を持ちたい

保険の銀歯がもたらすリスク

一般的に「銀歯」と呼ばれている詰め物や被せ物は、正式には「金銀パラジウム合金」と言います。つまり、銀だけではなく金・パラジウム・銅などさまざまな金属が含まれています。その金属の中には、人によってはさまざまな健康リスクを及ぼしてしまう成分があるのです。詳しく見ていきましょう。

金属アレルギー

お口の中の金属が唾液に溶けると、唾液、口腔細菌、血液などのタンパク質と結合する可能性があります。すると体にとってアレルゲンとなり、さまざまなアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

歯肉への色素沈着

被せ物に使用した金銀パラジウム合金は劣化すると、金属が溶け出して歯茎に沈着することがあります。いわゆる歯茎が黒ずむ「メタルタトゥー」と呼ばれる状態です。

2次カリエス

お口の中は温度変化があったり、圧力がかかったりと過酷な環境です。その影響は補綴物にも及びます。特に銀歯は経年劣化しやすく、歯と補綴物との間に隙間ができると虫歯になるリスクが高まります。これを2次カリエスと呼びます。

見栄えが良くない

詰め物・被せ物を入れる箇所によっては、銀歯は外から見た際に目立つことがあります。そのことを気にして、大きな声で笑えず、コンプレックスになってしまう方もいらっしゃいます。

セラミック治療(メタルフリー治療)のメリット・デメリット

メリット

  • 天然歯に近い色味を再現することが出来る
  • 歯を白くすることが出来る
  • 二次カリエスが起こりにくい
  • 金属アレルギーのリスクが少ない

デメリット

  • 保険が適応できない
  • 強い力がかかった時に割れることがある
  • 強度は銀歯に比べると高くない

セラミック治療(メタルフリー治療)の種類

オールセラミッククラウン

全てをセラミックスだけで製作する被せ物です。継ぎ目などにも金属を一切使用しません。
そのため、天然歯に近い質感、透明感、明るさが期待できます。
また生体親和性が高いので、金属アレルギーや二次カリエスのリスクもありません。
割れやすい性質を持っているため、奥歯ではなく前歯に適しています。

ジルコニアクラウン

ジルコニアは別名「模造ダイヤモンド」とも呼ばれています。
審美性・耐久性・安全性に優れ、セラミックス製の包丁、整形外科における人工関節などに使用されているのが特徴です。
近年、歯科領域においても積極的に活用されていて、オーダーメイドで被せ物を製作できるようになってきました。
それがジルコニアオールセラミッククラウンです。
軽くて丈夫で耐久性にも優れているので、奥歯に入れるのに適しています。

メタルセラミッククラウン(メタルボンド/PFMクラウン)

金属を内部に使用し、外側に白いセラミックスを焼き付けた被せ物です。
金属の強度とセラミックスの美しさを兼ね備えているのがメリットと言えます。
前歯よりも奥歯、もしくはブリッジに適している補綴物です。
内部の金属にゴールド・プラチナ系の素材を用いれば、生体親和性や適合精度に優れているため、金属アレルギーやメタルタトゥーのリスクを軽減できます。

セラミックラミネートべニア

ラミネートべニア法は歯の表面を薄く削り、シェル状のセラミックスを貼り付ける方法です。
つけ爪のような施術をイメージするとわかりやすいと思います。
歯を削るといっても、量は1mmと少ないのでご安心ください。
ラミネートベニアは、歯の形や色をきれいに整えられるため、すきっ歯などの症例に適しています。

セラミックインレー/アンレー

セラミックスの素材を用いた詰め物です。
基本的にセラミックインレーは小さな虫歯、セラミックアンレーは中程度の虫歯を削った際に用います。
透明感があり、変色もせず、硬くすり減りにくいため、奥歯の使用に適しているのが特徴です。金属アレルギーのリスクもありません。

当院のセラミック治療(メタルフリー治療)

「歯の色」「歯の形」を短期間で治療することが出来ます

「昔の詰め物を白くしたい」
「歯肉が黒ずんでいて笑顔に自信がない」
そんなお悩みの方は当院へご相談ください。

当院では、金属を一切使用していない歯科素材をご案内し、歯科金属アレルギーのリスクを軽減した体に優しい治療の提供をしております。

患者様一人ひとり丁寧にカウンセリングを行っております

当院では無理にセラミック治療(メタルフリー治療)を進めることはありません。
治療に対する患者様のご希望を伺い、初診時に検査の後、治療計画について詳しくご説明をしております。
お口の中の状態は一人ひとり患者様によって違いますので、どなたでも理解できるように、患者様に合った治療法の説明と、ご希望を考慮して一番良い治療が進められるように計画をしていきます。

治療後は定期的なメインテナンスで虫歯や歯周病を予防していきます

セラミック治療(メタルフリー治療)が終わったら、治療は終わりではありません。
その後虫歯や歯周病にならないように、当院ではご自宅での歯ブラシの当て方を含め定期的なメインテナンスの必要性について患者様にお話をしております。
当院では、治療が終了した後に虫歯や歯周病にならないように、歯科衛生士が歯のクリーニングを行い、予防をしていきます。

よくあるご質問

Q
保険の白い歯(レジン)とセラミックの違いはなんですか?
A
レジンは変色しやすい性質のため、時間がたつと美しさに差が出ます。
Q
セラミックが割れてしまった場合の保証はありますか?
A
保証期間も5年とありますが、内容によっては無償で行う場合もありますので、ご相談ください。
Q
セラミックを被せる場合は神経を取る必要がありますか?
A
神経を取るか取らないかは、削った部分がどれだけ神経に近くて痛みをもたらす可能性があるかによります。 ケース・バイ・ケースではありますが、一般的にクラウンでは神経を取る場合が多く、インレー・ラミネートベニアでは神経を残す場合が多くなります。
Q
治療費の支払いにカードは使えますか?
A
JCB、アメックス、VISAなど各種カードの取り扱いが可能です。 治療費は、歯型をお採りした際に半額を、セット時に残りの半額を納入していただきます。
Q
セラミックの歯は、どのくらいの期間使用できますか?また変色することはありますか?
A
一生機能するように努力をしております。
丁寧な治療をすることで、2次的な虫歯や歯周病にならないようにすることはできますが、歯ぎしりや食いしばりによってセラミックが破壊されるリスクは避けられません。
また、しっかりとしたメンテナンスを継続すれば、変色もほとんどしません。

ページトップへ戻る