審美治療

口元の美しさを追求する歯の審美治療

審美治療とは、歯の美しさを重視し、歯並びや歯の色などその人の口元の美しさをひきたてる、審美性の高い治療のことです。
当院では、治療跡が目立たない補綴物(被せ物・詰め物)を使った治療から、歯の色を白くするホワイトニングまで、幅広い審美治療をおこなっています。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯のくすみや黄ばみが気になる
  • 歯並びを綺麗に揃えたい
  • 治療跡や銀歯が目立つのが気になる
  • 口元を明るく、いつまでも若々しくいたい
  • 笑顔に自信が持てない、歯を出して笑えない
  • 接客業で他人からの視線が気になる

これらの見た目や口元の美しさで悩んでいる患者さまにぜひおすすめしたい方法が、歯の審美治療です。

セラミック治療

虫歯になってしまっても、銀歯ではなく美しく自然な補綴物で治療を行うことができます。

ジルコニア(オールセラミックス)

セラミック素材の金属を使わない人工歯です。透明感と審美性に優れ、前歯はもちろん、奥歯でも天然歯のような自然な仕上がりになります。歯垢などの汚れが付きにくく、変色の心配が少なく、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。

ジルコニアのメリット・デメリット

メリット

  • 天然歯と同じような色調を作り出せるため、非常に美しい
  • 金属を使っていないため、アレルギーの心配がない

デメリット

  • 強度の問題で、噛み合わせの状態によっては使用できないことがある
  • 保険が適用されないため、高価である

E-max(高強度ガラスセラミックス)

白く美しい最新のセラミックで、審美性と耐久性を兼ね備えたセラミック素材です。主に前歯に使用しますが奥歯にも使用可能です。強度が高く天然歯に近い摩耗性があるため、対合する歯が天然歯でも傷めない優しい素材です。

E-maxのメリット・デメリット

メリット

  • エナメル質に匹敵するほどの美しさで天然歯と見分けがつかない
  • 強度が高い
  • 金属を使っていないのでアレルギーの心配がない

デメリット

  • ブリッジには不向き
  • 極度の強い衝撃でまれに割れることがある
  • 保険が適用されないため、高価である

コンポジットレジン

白いプラスチック(合成樹脂)を使った詰め物で、比較的小さな虫歯の治療に使用します。
歯の色に近い白さがあり、治療した跡が目立ちません。治療回数は1回で終わり歯を削る量も少なくてすみます。
金属の詰め物を白く修復したい、できるだけ費用を抑えたい、短期間で治療したい方などに適しています。

コンポジットレジンのメリット・デメリット

メリット

  • 1回で治療が完了できる
  • 歯を削る量が少なくて済む
  • 歯と色が似ているので仕上がりが綺麗
  • 削った面にすぐ接着剤を塗布することができるので、感染のリスクがなく接着力が高い

デメリット

  • 技術的に難しいため、綺麗に仕上げるには時間がかかる
  • 奥歯の隣接面(歯と歯の間)に詰めるのは特に難しい
  • 隣接面では強度不足により破折しやすい
  • 時間がたつと劣化により変色する

ホワイトニング

ホワイトニングは薬剤で歯を漂白する方法で、歯を削らずに白い歯にすることができます。
自然な白さに仕上がり、口元の魅力が格段にアップするのが特徴です。
当院では、短時間かつ低価格でおこなえるオフィスホワイトニングをご用意しています。

オフィスホワイトニング「ケンズホワイトニング・システム」

当院では最新の「ケンズホワイトニング・システム」を導入し、短時間かつ安全なホワイトニング治療をおこなっています。
ケンズホワイトニングとは、歯の表面にホワイトニング剤を塗り、特殊な光を当てて歯の内側まで薬を浸透させて白くする方法です。1回で口元が明るく健康的な印象に変わります。
より白くしたい方は、1週間ほど間隔を置きながら複数回おこなうことで、自分の理想の白さに近づけることができます。今すぐ白くしたいなどお急ぎの方におすすめです。

「ケンズホワイトニング・システム」の特徴

ケンズホワイトニングは、最新機材と専用ホワイトニング剤を使ったオフィスホワイトニングで、患者さまの身体に優しい最新ホワイトニングシステムです。

施術の頻度と所要時間

施術を含め、かかる時間は30分~1時間です。月に一度、美容院に行く感覚で、定期的にホワイトニングを受けていただければと思います。
ホワイトニング効果の持続は食生活や歯質などによって個人差がありますので、定期的に歯のクリーニングやホワイトニングをしていただくことをおすすめします。

ホワイトニング後の注意点

ホワイトニング後は、エナメル質を覆っている膜(ペリクル)が剥がれた状態になっています。この状態で色素の付いたコーヒーやワインなどを飲むと、歯の表面に色素物質が入り込みやすくなります。
この膜(ペリクル)の再生に1、2日かかるため、その間は色の濃い物を食べたりするのは控えましょう。

ホワイトニング直後は避けたほうがよいもの

赤ワイン、ぶどう、ブルーベリー、チョコレート、ココア、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、カレー、色の付いたソース、醤油、ケチャップなど。喫煙。

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

  • ご自身の歯を削らずに白くできる
  • 1回の施術でもホワイトニング効果を得やすい
  • セルフホワイトニングよりも歯を白くしやすい
  • 歯科医師や歯科衛生士が施術を担当するので、色ムラが少なく綺麗な仕上がり
  • 施術中の急なトラブルもスムーズに対応できる

デメリット

  • 自費治療になるため、治療費がやや高い
  • ホワイトニング剤の濃度が高く、歯や歯ぐきがしみることがある
  • 虫歯や歯周病の疑いがある場合は、そちらの治療を優先しなければならない
  • 色戻りが比較的早く、白い歯を維持するには定期的な施術が必要

審美治療の料金

ジルコニア(オールセラミックス) 66,000円
E-max(高強度ガラスセラミックス) 55,000円
オフィスホワイトニング 29,700円

※すべて税込み価格となります。

ページトップへ戻る