院長ブログ

2015.03.25更新

日本人の8割が、歯周病に罹患しているとも言われています。
歯周病は特別な病気だと感じている人も居るかもしれませんが、実は歯周病は、多くの人が経験する生活習慣病なのです。
初期段階では、ほとんど自覚症状が無いので、歯周病にかかっている事に気がつかない人も多いのです。


では歯周病は、どのように予防したら良いのでしょうか。
歯周病の予防には、歯周病の原因菌(プラーク)を日頃から丁寧に除去する事、また付着しにくくする事が大切です。
自宅で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアを両方取り入れて、歯周病予防をしましょう。


1. セルフケア
・ 歯と歯ぐきの間を重点的に歯みがきをしましょう。
・ デンタルフロスや歯間ブラシも使い、歯と歯の間もみがきましょう。
・ 喫煙をしている人は、歯周病のリスクが高まります。禁煙を考えましょう。

2. プロフェッショナルケア
・ 定期検診で歯周病の検査を定期的に受け、歯石やプラークを除去するクリーニングを受けましょう。
・ 歯みがき方法の指導を受けましょう


歯周病は、気がつかない間に、ゆっくりゆっくり進行していきます。
気がついた時には、歯がグラグラし、手遅れになってしまう事もあります。
場合によっては、歯を残す事が難しい場合もあります。症状が出る前から、予防をしていくのが一番良いのです。早め早めの歯周病予防をはじめましょう。


当院の歯周病治療の紹介はこちら

http://www.muto-shika.com/perio/

投稿者: 医療法人社団  むとう歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、座間市にある

むとう歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • b_tel.png