院長ブログ

2015.02.15更新

虫歯や歯周病で、歯を失ってしまった箇所の治療方法のひとつに"ブリッジ"という被せものを入れる治療があります。

ブリッジとは、失ってしまった歯の、両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように被せものを入れて、歯の無い部分を補う治療方法です。保険適用の、非常にポピュラーな治療方法です。しかし、両隣の歯が土台として使えるかどうか...など、適用が難しい場合もあります。

ポピュラーな治療方法である"ブリッジ"ですが、汚れが非常に溜まりやすい...というデメリットがあります。ブリッジを入れたものの、毎日のケアが十分で無く、土台にしている歯をむし歯や歯周病にしてしまうケースも度々見られます。長く歯を保たせるためには、適した清掃方法でしっかりと毎日、ケアをする事が大切です。

ブリッジの清掃で、欠かせないのが"歯間ブラシ"です。使用せずに、清潔に保つ事は出来ません。実際には歯が無い部分を補っていますので、橋渡ししてある金属の下の部分は、細菌の温床です。この部分は、歯ブラシだけでは、きれいにする事ができません。必ず、歯間ブラシをで、しっかりと擦るように、清掃をしましょう。

歯間ブラシは、力任せに使用するなど、誤った使い方で、歯ぐきを傷つけてしまう事があります。是非一度、当院で、歯間ブラシの使用方法をご相談ください。正しいサイズの歯間ブラシで、正しいみがき方をする事が大切です。


当院のむし歯治療の紹介はこちら
http://www.muto-shika.com/general/

投稿者: 医療法人社団  むとう歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、座間市にある

むとう歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • b_tel.png