院長ブログ

2015.02.07更新

むし歯予防や歯周病予防に大切な、家での歯みがき。歯みがき粉は、正しく使えていますか?

「歯みがき粉」を使用して歯みがきをする方がほとんどでは無いでしょうか。しかし、間違った使い方で「歯みがき粉」を利用している人が多いように思います。毎日の歯みがき粉の使い方を見直してみましょう。

まず、歯みがき粉をたっぷりと付けるのは間違いです。歯みがき粉の量が多いと、泡立ちが良く、香料による清涼感も大きい為、"みがいた気"になりがちなので、注意が必要です。

歯みがき粉の適正な量は、小豆一粒台です。長さでいうと多くても5㎜程度です。テレビCMなどで、歯ブラシの毛先一面に、歯みがき粉をたっぷりとつけている様子を見る事がありますが、つけ過ぎです。量が多いからといって、歯みがき粉の効果が高くなるわけではありません。

歯みがき粉は"使用するだけで汚れが落ちる"ものではありません。含まれている薬効成分によって、様々な予防効果が期待できますが、それらはあくまで補助的なものです。基本は、"しっかりとブラシで歯をこすって汚れを除去する"事です。ですから、必ずしも使わなくてはいけないものではありません。

自分の歯みがき方法を見直したい時には、是非一度、歯みがき粉を使わないでみがいてみてください。普段は、歯みがき粉の泡や清涼感で、誤摩化されてしまっている部分の歯みがきを、しっかりと見直す事が出来ると思います。

当院の予防歯科の紹介はこちら
http://www.muto-shika.com/general/#a02

投稿者: 医療法人社団  むとう歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、座間市にある

むとう歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • b_tel.png