院長ブログ

2015.01.17更新

「甘いものを食べたらむし歯になる」ですとか、「歯みがきをしないとむし歯になる」というような事を、小さな頃から言われた方も多いのでは無いでしょうか。

むし歯の原因は、実に様々です。甘いものや、歯みがき不良は、むし歯の原因のひとつですが、他にも色々な原因が重なってむし歯は発生します。

【むし歯の原因】
むし歯は、4つの要因が重なり、発生すると言われています。

① 細菌
様々な細菌がお口の中に存在します。その中でも主に、むし歯の原因となる細菌は「ミュータンス菌」です。歯に付着している細菌を減らす為には、歯みがきが大切です。歯科医院でのクリーニングも行うと、よりキレイに保つ事ができます。

② 食事(糖)
食べ物や飲み物の中の糖分を、細菌が利用し、むし歯の原因となる酸を作り出します。普段の食事の中には、必ず糖分が入っているので、摂取しないという事が不可能です。おやつなどの糖分を減らすなどの工夫が必要です。

③ 歯質
歯の質は、遺伝だったり、生まれつきだったりと、人によって様々です。歯の質を出来るだけ強くする為には、「フッ素」などを取り入れると良いでしょう。

④ 時間
食べ物や飲み物を摂取する"時間"がむし歯の発生と大きく関わりがあります。甘いものは"食べる量"よりも、"食べる回数"によって、むし歯の発生要因となります。ダラダラと食べたり飲んだりする事が一番危険です。


このように、むし歯は、これら4つの要因が重なって発生します。全ての原因を除去する事は、とても難しい事ですので、それぞれに対して少しずつ対策を取る事が、むし歯予防になるのです。


当院の予防歯科の紹介はこちら
http://www.muto-shika.com/general/

投稿者: 医療法人社団  むとう歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、座間市にある

むとう歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • b_tel.png