トップへ » 歯周病治療

歯周病って何?

歯周病

歯周病は歯の周りの組織が細菌に感染し、歯ぐきが腫れたり、出血したりし、重症になると歯が抜け落ちてしまう病気です。歯を失う最大の原因ともいわれ、歯ぐきや歯肉に起きる病気を総称して歯周病といいます。

このページでは歯周病についてご説明をいたします。

沈黙の病気。歯周病とは?

歯周病歯周病は口腔内のネバ付きや口臭の原因にもなっていますが、二次的に人体に悪影響を与える可能性もあります。心疾患への影響や早産の可能性、糖尿病の悪化などの要因にもなり得ます。

初めは自覚症状がほとんどなく、症状が現れたときにはかなり進行しているケースがほとんどです。それゆえ「沈黙の病気(サイレント・ディズイーズ)」ともよばれています。

歯周病のメカニズムは歯周病菌の中に含まれているバイオフィルム(歯垢・プラーク)が歯に付着し、ここに細菌などが溜まると炎症が起きます。さらに炎症が歯肉内部まで広がると、歯と歯ぐきの間に"歯周ポケット"とよばれる溝ができます。健康な状態であれば歯は歯ぐきにしっかり支えられています。しかし溝ができたため歯を支えきれなくなり歯がぐらつき始め、そのまま治療せずに放っておくと最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病の恐ろしさは、初期段階では自覚症状がほとんどとないこと。歯のぐらつきや、歯ぐきからの出血などの症状が現れたときにはかなり進行していて、すでに手遅れという場合がほとんどです。しかも二次的に人体に悪影響を与える可能性もあり、心疾患への影響や早産の可能性、糖尿病の悪化などの要因にもなり得る恐ろしい病気といえます。

歯周病の8割は歯周病治療で防げます。しっかりプラークコントロールを行いながら、大切な歯を守っていただきたいと思います。

歯周病が引き起こす全身疾患

歯を失う原因のトップにあげられるのが歯周病です。私たちの口は食べ物を取り入れるための器官といえ、口の中で取り入れた飲食物を歯で噛み砕いたりすりつぶしたりすることで栄養を取り入れることができます。ところが歯周病で歯を失うと、充分な咀嚼ができなくなり、からだ全体に大きな影響を与えます。

歯周病は人から人へと感染します。さらには、全身疾患を引き起こす可能性がある恐ろしい病気です。歯ぐきに炎症を起こした病原菌が血管に入ると体内を移動し、腎臓病や心臓病といった様々な病気を引き起こします。場合によっては深刻な病の引き金になる可能性もあるのです。

脳卒中
歯周病になると歯周病菌が「プロテアーゼ」という酵素を作り出し、血漿(けっしょう)を固まらせます。そして血管を詰まらせる可能性があるため、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の原因となることもあります。

肺病
歯周病菌の混じった唾液が誤って肺に入ると肺炎の原因となります。

心臓病
歯周病菌が心臓弁への感染を引き起こし心臓病の原因となることもわかっています。
歯周病の人は健康な人の2.8倍も心臓病になりやすいというデータがあります。

糖尿病
歯周病のある人ほど血糖値が高く重症な歯周病患者には糖尿病の患者が多いということがわかっています。また、歯周病が改善されると血糖値も下がるというデータが報告されています。

未熟児出産・早産
歯周病の母親の未熟児出産・早産の確率は健康な人の7倍も高くなります。

ガン
日本人の死因のトップであるガンに関しても歯周病がある人は健康な人より14%、ガンになる確率が高いということが発表されています。

歯周病チェックシート

歯周病チェックシート1.歯みがきをすると、出血する
2.歯ぐきが赤く腫れている
3.冷たい物が歯ぐきにしみる
4.歯がぐらぐらしている
5.歯並びが悪い
6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
8.口臭がある
9.歯が長くなったように見える
10.朝起きたとき、口の中がネバ付く
11.口呼吸している
12.喫煙している
13.糖尿病、高血圧である
14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい
※あてはまる数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。

歯周病の進行と治療方法とは?

歯周病の進行軽度歯周病
歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯ぐきに炎症が起き、歯ぐきの腫れや出血などを伴います。この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。

歯周病の進行中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯ぐきに炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。

この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をして行います。除石を数回行い、歯ぐきの状態が改善された後に検査を行います。

歯周病の進行重度歯周病
さらに進行した状態で、歯ぐきは化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯ぐきも後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

当院ではたった1日で歯周病治療が終わる【ワンデー・ペリオメント】を実施しております。これは、わずか1回の治療でお口の中にある細菌のほぼすべてを取り除くことができる、画期的な治療法です。ワンデー・ペリオメントをご希望の方は、ぜひご相談ください。

関連ページリンク

当院の特徴
一般歯科(虫歯治療)審美歯科治療メディカルエステサプリメント外来予防歯科
矯正治療インプラント治療入れ歯治療口臭治療往診(訪問診療)

歯周病治療
ワンデイぺリオとは?症例料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間
ご来院される方へプライバシーポリシー

「ワンデイペリオ」「歯列矯正」無料カウンセリングを行っています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 歯周病治療


コールバック予約