トップへ » 当院の特徴 » 3DS外来

3DS外来でむし歯・歯周病の原因を徹底的に防ぐ

3DS外来「甘いものを食べ過ぎた」「歯のケアをしなかった」からといってすべての人がむし歯や歯周病になるとは限りません。先天的な要因や生活習慣によって、それぞれ個人差があります。

むし歯や歯周病の原因は、細菌による感染症です。むし歯や歯周病の原因となる菌が口腔内に住みついてしまうと、日々のブラッシングなどの予防で除去することはとても困難となります。
その結果として、むし歯や歯周病の発生を引き起こす原因となります。また、歯周病は口腔内だけでなく、心臓や循環器の疾患、糖尿病といった、身体全体の病気に深く関わっていることが明らかになってきています。

当院の3DS外来の目的は、歯周病の原因となる細菌の数を減らし、歯周病を予防することで患者様に口腔内だけではなく、身体全体の健康を維持していただく事です。

3DS治療とは?

3DS(スリーディーエス)とは、Dental Drug Delivery System (デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)の略で、専用のマウスピースに特殊な薬剤を注入して装着することで、むし歯や歯周病の原因となる細菌を徹底的に除菌いたします。

3DSを1度行うと、一定期間、むし歯や歯周病になるリスクが激減します。
また、定期的な検診や日々のブラッシングをしっかりと行うことで効果を更に持続する事が可能です。

3DS治療の流れ

1. 細菌検査
唾液を採取し、お口の中の細菌の種類や量を検査します。
ここで3DSが必要かどうかの確認をします。
下へ
2 .歯の形を取る
薬剤を入れるためのマウスピースを作成します。
下へ
3. 衛生士によるお口の中のクリーニング
医院にて、衛生士によるPMTCを行い歯の汚れを除去します。
その後、作成したマウスピースに薬剤を注入し、細菌の除菌治療を行います。
下へ
4 .ご自宅におけるケア
マウスピースと薬剤をご自宅にお持ち帰り頂き、毎日のブラッシングの後に専用のマウスピースと薬剤を使用して頂くことで、細菌を除菌します。
下へ
5 .再度、ご来院いただき細菌検査
もう一度、唾液を採取し、細菌の種類や量を検査いたします。

3DS治療の注意点

・3DS治療はご自宅でのセルフケアがとても重要です。医師の指示に従い、実施する必要があります。
・3DS治療の終了後は、定期的なメインテナンスを受診してください。長期的にメインテナンスを怠ると、再びむし歯菌の数が戻ってしまう場合がございます。
・3DS治療は保険適用外です。治療に関する費用に関しては、別途ご相談ください。
・薬物アレルギーの有る方は、使用ができない場合があります。事前にご相談ください。


トップへ » 当院の特徴 » 3DS外来


コールバック予約