トップへ » 当院の特徴 » インプラント治療

インプラント治療で失われた歯の機能を取り戻す

インプラント治療

インプラント治療とは、顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根を埋め込む治療方法です。「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」に代わる治療法として開発されました。

最大の魅力はより自然に近い噛み心地です。違和感がほとんどなく、入れ歯やブリッジでは得られない安定感があります。またブリッジのようにほかの歯を削る必要もありません。いまのところ失われた歯の機能を回復する治療の中で、もっとも安定性かつ審美性に優れた画期的な治療方法といえるでしょう。

このページでは当院のインプラント治療についてご紹介します。

【当院のインプラント】からだに優しいAQBインプラント

AQBインプラント当院では患者さまのからだに優しいインプラント治療を実現するために、AQBインプラントを使ったインプラント治療を行っています。

AQBインプラント治療の最大の特徴は治療期間の短さで、手術後、2~3か月で噛めるようになります。従来、安定するまでに4〜6か月かかっていましたので、画期的な手術方法といえるでしょう。

その秘密はAQBインプラントの材質にあります。純チタンと再結晶化ハイドロキシアパタイトという材質が驚きの早さを実現しているのです。

チタンにはからだに馴染みやすい生体親和性があります。埋入後に起こりやすい合併症やアレルギー反応など危険性がありません。さらに耐食性にも優れているので腐食の心配がなく、インプラント以外にも骨折したときに骨と骨をつなぐプレートやスクリューにも使用されています。

一方、再結晶化ハイドロキシアパタイトは骨の成分で優れた親和性があります。AQBインプラントは骨と馴染みやすく手術も一回で終わりますので、患者さまのからだに優しいインプラント治療といえるでしょう。

【当院のインプラント】安全な治療を実現するCT撮影

CT撮影インプラント手術は創世記に比べると各段に安全性が高まり、現在では成功率は100%といわれています。その背景には医療技術と医療器機の向上にあります。術式の改良に加え精度の高い医療器機が登場したことで正確な診断が可能になり、より安全な手術が行えるようになったのです。

当院ではインプラント手術を行う前に、安全で確実な診断をするためにCT撮影を行い、データを用いた画像診断を行っています。画像診断では口腔内の状態を3次元化したコンピューター上で再現します。立体化させることで口腔内をあらゆる方向から診断でき、インプラント体を埋入する部位の骨の状態を正確に把握することができます。

なお、当院では患者さまに理解を深めていただくために、手術前に画像診断ソフトをお見せしながら説明しています。

【当院のインプラント】もしものときの5年間保証

定期メンテナンスインプラント治療は予後の高い安定した治療ですが、時としてインプラント体の破損や脱落などが起きる場合があります。

当院ではインプラント治療後のもしもに備え、5年間の保証期間を設けています。期間内に起きたトラブルには無償で対応しますので、治療後も安心してお使いいただけます。

なお安定した状態を長期間保つためには定期メンテナンスが欠かせません。そのため保証対象は4か月に一度のメンテナンスを受けることを条件とさせていただいています。ご理解いただければ幸いです。

インプラントのメリットとは?

インプラントインプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"です。天然歯に近い噛み心地従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。

カケラを詰まらせる心配もないので、イヤな痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットでしょう。

また、インプラントは、普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然の歯と同じです。ですから、大きな口を開けて大声で笑うこともできます。

<インプラントのメリット>
天然の歯と同じように噛むことができる
インプラントは直接顎の骨に植えていますから、自分の歯に近い感覚で噛むことができます。そのため、ブリッジや入れ歯以上に食事もおいしく感じることができます。

見た目も自然、発音も明瞭に
入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然です。口元を気にすることなく、大きな口を開けて笑うことができます。また、発音もしやすくなるので、しゃべるわずらわしさがありません。

ブリッジに比べて健康な歯を削らずにすむ
ブリッジは隣の歯を少し削る必要があります。しかし、インプラントは直接顎の骨に埋入する治療方法であるため、隣の健康な歯を削らずにすみます。そのため、残っている自分の歯の寿命を延ばすことができます。

他の歯に負担がかからない
たとえば、部分入れ歯ならバネを両方の歯にかけて固定するため、噛むたびに他の歯に負担がかかってしまいます。その結果、両方の歯が抜けやすくなるといったデメリットもあるのです。ところがインプラントには、こうしたバネはありません。ですから、残っている歯に負担がかからないのです。

掃除がしやすい
形が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口のお掃除がしやすくなります。掃除がしやすいと、入れ歯のように口臭に悩まされることもありません。

インプラントのデメリットとは?

インプラントのデメリットとは?「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

<インプラントのデメリット>
外科手術が必要
インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。さらに、通常よりも精度の高い被せ物や上質の材料が必要となります。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

治療期間が長い
治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4か月から半年ほどで、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす処理もおこなう場合などでは、1年以上になることがあります。

誰でも治療できるわけではない
誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。

インプラント治療の流れ

1.診査と治療計画
インプラント治療に必要な診査(CT撮影画像診断)を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後治療計画を立てます。
下へ

インプラント2.インプラント埋入の手術
歯の根に相当する部分、インプラントを手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。
下へ

3.人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。
下へ

4.メンテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。医師の指導に従い正しい歯みがきを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受け、インプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。

関連ページリンク

当院の特徴
一般歯科(虫歯治療)審美歯科治療メディカルエステサプリメント外来予防歯科
矯正治療インプラント治療入れ歯治療口臭治療往診(訪問診療)

歯周病治療
ワンデイぺリオとは?症例料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間
ご来院される方へプライバシーポリシー

「ワンデイペリオ」「歯列矯正」無料カウンセリングを行っています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の特徴 » インプラント治療


コールバック予約